こんにちは

    スズキ・メソードヴァイオリン(久留米支部)です

       我が子に何か楽器を習わせてみようかな、と思ったことありませんか?

       またはご自分で楽器を弾けるようになりたいな~、、、なんて思ったことないですか?

       スズキ・メソードヴァイオリンは、小さい子から大人の方まで、どなたでもヴァイオリンを

       気軽にスタートできるお教室です。もちろん触ったことのない方も大丈夫です。

       基本は1ヶ月に3回(週に一度)の個人レッスンで、あと1回はみんな集まっての合奏レッスンです。

       個人レッスンは、決まった曜日の決まった時間に来て、おおよそ30分位を過ごします。

       小さい子は、疲れている時などおしゃべりなどの休憩を入れて、集中力の復活を待ちます。

        (大きくなると日頃心に留めていることを吐き出して帰る子もいますよ(*^-^*))

       月に一度の皆が集まる合奏は2~3時間、みんなで過ごして休憩タイムのおやつも

       楽しみの一つとなっています。

         楽器が弾けるようになっている我が子って凄いと思いませんか?

       その子の人生に豊かさを一つプラスしたような気がします。

       バイオリンは、何人とでも一緒に弾けて、どこにでも持って行ける楽器です

       合奏などでみんなとピタッ!と合った時は気持ちの良いものです。

     ♪幾人かのお声をお読み下さい       

      ❤❤❤母親Tさん❤❤❤

       レッスンは親が必ずついて見ておかなければならないと思われてますが、小学5年生の我が子は

       本人だけレッスンを受けてます。子どもが一人でレッスンしている間に他の子の送迎をしています。

        下にお子様がいる方はなかなか待つことが出来ないので、子ども一人でレッスン受けれるのは

       助かると思います。

       小学生高学年になると自分で自宅でやるべきレッスンを把握する力が付いてきます。

       ヴァイオリンの生の音が家の中に流れるのは心地良いものです(時折変な音も聞こえますが…(´;ω;`))

      ❤❤❤母親Fさん❤❤❤

         息子は、今とは別の教室で、5才からバイオリンを習い始めました。2年ほど習たあと、

        家族で引越ししたこともあり、半年ほどバイオリンのレッスンから遠ざかっていました。

        その間、息子からは、「バイオリンを続けたい」という言葉もないのでバイオリンを

        続けるべきか迷っていました。ちょうどその頃、スズキメソードでバイオリンを

        習っている甥と一緒にバイオリンを弾く機会がありました。

        バイオリン歴も年齢もほぼ同じ甥が弾くバイオリンの音色の美しさに驚きました。

        せっかくバイオリンを習ったのだから、息子にも、バイオリンの音色の美しさを少しでも

        学んで欲しいと思い、スズキメソード久留米支部の浅野先生の体験レッスンに参加しました。

        浅野先生は、息子の立場に立って共感し、そして、わかりやすく指導して頂きました。

        その先生の共感が、息子の心を動かし、自分から「バイオリン続けてみようかな」と言ってくれました。

        浅野先生のレッスンを受け始めて、半年が経ちます。

        マイペースの息子ですが、根気よく教えて頂き、今ではバイオリンの音色を気にしながら

        練習するようになりました。

        そして、何より息子が、「この曲弾いてみようかな」と言って楽譜をめくる姿をみ

        バイオリンをやめなくて本当に良かったと思ってます。

        これからは、細くても長くバイオリンを続けることができるようサポートしていき、

        大人になっても、バイオリンを楽しみながら、弾いてくれることを期待しています。

      ❤❤❤学習院大学の助教(K.Kさん:男性)❤❤❤

        穏やかな晴れた日やどしゃ降りの雨の日の筑後川を眺めながら、母親に連れられて

        毎週レッスンに通っていたときのことを懐かしく思い出します。

        幼少のころから大学生の頃まで、ずいぶん長いことバイオリンを続けてきましたが

        浅野先生はマイペースな私にとても辛抱強く付き合ってくれました。

        レッスンに行くのがいやでいやで仕方なかった時期もありましたが

        発表会のときに上手な人の弾いているのを聴いて、あの曲が弾けたらいいなぁと

        思っていたものが弾けるようになったときはほんとうに嬉しかった。

        弓を大きく使って力強い音を出したり、消えいるようなかすかな音でやさしく奏でたりと

        自分なりに曲に感情をのせて表現している瞬間は心が震えました。

        人よりも多くの時間はかかりましたが、粘り強く練習すればどんなに難しいと

        思った曲でも弾けるようになるのだということを認識させてくれたことは

        私にとって非常に大事なことでした。

        現在、大学の教員をしていますが、限界を設けずにやりたいと思ったことを

        素直に続けられたからこそ、今の自分があるように思います。

        発表会の時は毎回緊張してしまい、あまり人に聴かせられるような演奏ができませんでしたが

        これからは別の手段を通して、自分の納得のいく表現を届けられるよう

        修練していきたいと思っています。

      ❤❤❤公務員35歳男性(K.Eさん)❤❤❤

        毎日の暮らしの中に音楽がある生活って、何て豊かなんだろう。

        年をとった時にバイオリンが弾けるって、何て素晴らしいんだろう。

        そう思ったのは、仕事にも慣れてきた28歳の頃。それから7年。偶然選んだこの教室でしたが

        今では自分に合った教室だったと感じています。

        ここの特色は、曲を弾く楽しさの本質にある、音楽という芸術の素晴らしさが学べることです。

        言葉では表せないのですが、ただ単にその場その場で曲を弾いた経験だけではない

        「何か尊いもの」が、レッスンの度に自分の中に生まれます。

        結果的に、その深い楽しみに導いてもらったことが、仕事をしながらもモチベーションを

        保って続けられた一番の理由となりました。

        平日はほとんど練習できていませんが、それでも音楽素人だった私が今ではユーモレスクを

        気持ち良く奏でられるように。

        定年の時に、情熱大陸を弾きながら皆に送られる。そんな気長な目標を胸に、

        少しずつ頑張っています。

      ❤❤❤中学1年(T.I君)❤❤❤

        僕は、小学4年生からバイオリンに興味を持ち始めました。

        きっかけは父と行った葉加瀬太郎さんのコンサートです。すごく感動しました。

        今でも葉加瀬太郎さんのコンサートは欠かさず行っています。

       最初にバイオリンを習い始めたのは、スズキ・メソードではなく別の教室でした。

       習い始めて半年後に母が「別の教室の先生に会ってみない?」と誘われ、

       僕はスズキ・メソードの浅野先生にお会いしました。

       そして、5年生になって習い始め、上手く弾けない僕を浅野先生が根気よく熱心に

       教えてくださったので、今では中学校の音楽の教科書に載っている曲を楽しめるようになりました。

       浅野先生の指導はバイオリンだけではなく人間的にも成長できたと感じています。

        習い始めて知ったのですが葉加瀬太郎さんもバイオリンを始めたのは

        スズキ・メソードだったそうです。

        僕はレッスン中に弾いてくれる、浅野先生のバイオリンの響く音色が大好きでいつも心躍り

        聴くたびに背筋が伸びる思いです。

        練習を重ねて先生のその音に少しでも近づくよう努力していきたいと思います。 

      ♪教室開催曜日

          ★久留米教室・・・月・火・水・土の午後、金曜日は午前

          ★大牟田教室・・・金曜日の午後

          ★個人レッスンは各曜日共年間約35回~36回

           その他合奏レッスンが月に一度のペースであります

           お稽古予定日程は下記ページをご覧下さい

            https://cms.e.jimdo.com/app/s50017e1f59311711/p1b622b6e89799fdf?safemode=0&cmsEdit=1

      

      ♪費用は下記の通りです(税込)

       毎月の合計は下記、B+C+D=10900円です

         A:入会金・・5000円 スズキ・メソードに入会する時だけです。

                  世帯でのお支払いですので、兄弟の場合でも最初に一度お支払い頂くだけです。

          B:維持会費・・・月額一世帯1600円 スズキ・メソード会員の会費です。

                    二人兄弟でも三人でも維持会費額は1600円です。

          C:支部費・・月額一人2300円 支部内の行事を行っていく積立金です。

                 ●年2回の発表会をはじめ、様々な行事をこの支部費で賄いますので、

                  基本臨時徴収はございません。

                 ●大人の方は月額一人1700円(詳細はお電話にて説明致します)

          D:授業料・・・月額一人7000円~

          ※教材代などは含まれておりません。

      ♪問い合わせ先・・・090-6521-1819(あさの)

                 繋がらない時は、こちらからかけ直させて頂きます。

        https://cms.e.jimdo.com/app/s50017e1f59311711/pead3a997422315ff?safemode=0&cmsEdit=1

        ★メールアドレス→ pcarkkuarkruarkme@bbplus.net

             (返信メールはパソコンからしますので、ブロックされている場合は

                              届きません(´_`illi)申し訳ございません)

       ★久留米支部フェイスブックhttps://www.facebook.com/violin.kurume

       久留米支部ツイッターhttps://twitter.com/suzukivk 

      ♪楽器について(レンタル含)

       バイオリンは、体に合わせて変更していきます。

       「1/32→1/16→1/10→1/8→1/4→1/2→3/4→4/4(大人用)」。

       成長は人それぞれですので、いつ、どのサイズを使うかは体に合わせてから選ぶのが

       良いでしょう。久留米支部では会員の中で楽器を回すこともしています。

       また楽器のレンタルをご希望される方は遠慮なくお申し出下さい

       楽器屋さんからの場合は、月額2千円程でできるそうです

      ♪教室の場所

         ★久留米教室・・・久留米市中央町13-29JVCビル301号です

           駐車は近隣のコインPをご利用ください、下記に教室と駐車場の2つの地図があります。

           JR久留米駅からは、歩いて約6分です。

          ★金曜日は、大牟田市日出町にあります、重藤外科医院の2階です。

             https://www.google.co.jp/maps/@33.0410984,130.4544958,18z?hl=ja  

      

      ♪指導は、1987年の秋より子どもから大人まで指導している

                浅野裕嗣(あさのひろつぐ)です。

             ※一般社団法人日本アタッチメント育児協会

                  ベビーキッズ・あそび発達インストラクター

 ♪久留米支部の一年

 1月はプチ新年会

  合奏レッスンのおやつは、みんなで作る「白玉だんご」

  各ご家庭でお正月に余ったお餅も子ども達のおなかに入ります

 ★3月はホールでの卒業演奏会、演奏後の拍手は気持ち良く各自の

  自信に繋がります(((( ̄ー( ̄ー( ̄ー ̄)ー ̄)ー ̄)))) 。

 合奏もみんなで心を一つにして奏でます、客席で聴いている方々の心

  に「バイオリンの音色っていいな~」と感じて頂ければ嬉しいです。

 ★5月は定例総会で皆様からの支部費の決算報告や、次年度の行事予定

   話し合います。

 ★7月はミニミニ発表会

 ★8月の合奏レッスンの後は、花火大会(手持ち)、夏の最後の思い出に

  大きい子も童心に帰ります。

 ★9月は久留米音楽祭に出演

 https://cms.e.jimdo.com/app/s50017e1f59311711/pc26fcda09069dfbc?safemode=0&cmsEdit=1

  一年で幾度か人前に立ちます。ステージに立つ事は子ども達の

                    今後の人生において重要な部分ですよね。 

                     久留米音楽祭出演201596日:石橋文化ホール)

                          http://youtu.be/XatTtzYBWvs 

                   ★12月は「サンタさんが来るかもしれない」合奏レッスン

                    子ども達のおやつを大きい袋に入れて持って来てくれるかな?

     🎵久留米市が行う「くるめ街かど音楽祭」にてバイオリンワークショップをしています。

       https://cms.e.jimdo.com/app/s50017e1f59311711/pcf9332c84ae85c94?safemode=0&cmsEdit=1

       市民の皆様が気軽にバイオリンに触れられる場を設け、久留米支部の皆様がお手伝いをしています。

       2018年までは秋に開催されいましたが、2019年は3月21日と22日に行われます。

     ♪時折質問される事

      ★レッスンに親は付き添わなければいけないのですよね?

       様々なご家庭がございますので、自由です。ご家庭にお任せしています。

       子どもだけで通われているご家庭もございます。

      ★始めるのは小さい時の方が良いですよね????

      スタートされる年齢は、3歳前の子もいれば、4歳、、、5歳、、、10歳、、、

       25歳、、、と様々です。早い方が良いとか遅いと難しいとか色々耳にしますが、

       気にされなくて良いと思います。

       出会って実行した時がベストだと思います、「縁」ですよね。

      ★ヴァイオリンって音を出すことが難しいですよね????

       多くの方が想像している程は難しくないと思いますよ。

       くるめ街かど音楽祭でのワークショップにおいても「さほど難しくないのですね」と言われます。

       しかし曲を奏でるようになるには数分では難しいと思われます。

      ★楽譜がわからないから無理ですよね????

      大丈夫です、ご安心下さい。

      スズキ・メソードの最初は楽譜不要なんです、それで大丈夫なんですよ。

      小さい子も大人の方も、楽譜がわからなくてもバイオリンを弾いています。 

      時が来たら楽譜を用います。

      ★バイオリンなんてしたことも触ったこともないですが平気ですか????

      「小さい頃ピアノは少ししていたんですが」、と時折耳にします、確かに不安ですよね。

      30数年様々な方と縁あって出会って参りましたが、

      バイオリンをされていた方は数人程です。ほとんど方がバイオリンのことはわからないまま

      スタートしました。バイオリンのことはわからないけど、親御さんが少しずつ勉強していく姿を

      子どもがしっかり見ていますので、親子でマイペースで歩みましょう。

      お隣のご家庭は、お隣のスピードであってご自分のペースとは違いますからね。

      ★うちの子にできるかな~????

       やっていけるのかな~?向いてるのかな~?・・・その他色々な思いがあると思います。

       しかしスズキ・メソードは「どの子も育つ」、という心でお会いしています。

       ですのでどのお子さんでも出来ます、可能です!

      でもそれは「育て方ひとつ」にかかっています。

      指導者とご両親でお子さんの能力を少しずつ、その子のペースで伸ばしてあげましょう!

       「どの子も育つ 育て方ひとつ」スズキ・メソードの重要な部分です。 

      ★最初はどうすれば良いのですか????

      最初はどのような方でも必ず見学期間(期間中の料金は不要です)を設けています。

      見学期間は人それぞれ違いますが、大きい子や大人の方はそれほど長くないです。

      小さい子の中には保護者のお膝から離れられない子も珍しくありませんので(////)

      その子の心の窓が開くまで見学をして頂きます

      (半年以上母の膝から離れられなかった子も大きくなって大学オケで楽しんでいます)。

      そして見学期間中に、これから先バイオリンをして行くかどうかご家庭で話しをして頂きます。

      ご家庭でやってみようということになり、保護者から離れることができた子は、

      指導者の前でご挨拶したり、お話したり、と慣れ親しむ時間を作ります。

      その後段ボールで作った偽物バイオリンで、本物バイオリンを持つお稽古をします。

      そのようなことがある程度できると、入会となりご家庭にバイオリンの音色が響き渡るのも

      遠くないと思われます。

      ★親の負担が大変なんですよね????

      子を育てるのは親、頭と心にも愛情と栄養をしっかりと与えてあげて欲しいです(*^^^^*

      そのことが出来るのは親だと思います。手間をかける子育てと、かけない子育て、

      どちらを選ぶかは人それぞれです。でも手間をかけれる時というのはそれ程長くないと思います。

      その時代に子どもと濃密なとても大切な時間を過ごし、親も子も共に様々なことを考えながら

      育って行きたいものです。人それぞれ、手間、と言うことをどのように考えるかは千差万別。

      何が負担なのか?どこが負担なのか?それぞれのお考えでとらえて頂けると宜しいかと思います。

      尚、久留米支部では一年通しての「役員さん」と言うものはございません、行事毎にお手伝いして

      頂ける方を募り、一日だけ子ども達のためにご協力を頂いています。

      ★読譜については如何ですか????

      楽譜が読めないのは、読む訓練をしないと読めません、国語の教科書をすらすらと音読出来る子、

      出来ない子、と同じで訓練をした子の方が読めます。 

      久留米支部では、楽譜を読めるように少しずつ指導しています。

      ♪世界に広がる

       故鈴木鎮一(すずきしんいち)先生が、子ども達の、そして世界の平和を願い唱え続け

       今は日本だけではなく、多くの国でスズキメソードの教育法で子ども達へ教育がなされています。

       久留米市の姉妹都市でもあります、アメリカのカリフォルニア州モデスト市でも多くの方々が

       バイオリンなどを学んでいます。

           http://www.kurume-hotomeki.jp/international/?category=2&mode=detail&id=2

        国別に少し紹介しますと、アメリカ・カナダ・メキシコ・バミューダ・チリ・ペルー・

       アルゼンチン・ブラジル・オーストラリア・ニュージーランド・ヨーロッパ各国・南アフリカ・

       韓国・台湾・フィリピン、その他多くの国々。

       また世界スズキ協会に加盟していない国でも活発に活動されていますので、スズキメソードを

       実際にされている国は正確には不明のようです。

        そのような世界中の皆が数年に一度集まり、世界大会が開催され多くの方々が交流しています。

        https://www.youtube.com/user/16thSuzukiConvention/videos       

       ♪スズキ・メソード創始者の鈴木鎮一記念館のホームページです。

       ♪スズキ・メソード公式HPhttp://www.suzukimethod.or.jp 

     ♪問い合わせ先・・・090-6521-1819(あさの)

                 繋がらない時は、こちらからかけ直させて頂きます。

        https://cms.e.jimdo.com/app/s50017e1f59311711/pead3a997422315ff?safemode=0&cmsEdit=1

        ★メールアドレス→ pcarkkuarkruarkme@bbplus.net

             (返信メールはパソコンからしますので、ブロックされている場合は

                              届きません(´_`illi)申し訳ございません)

       ★久留米支部フェイスブックhttps://www.facebook.com/violin.kurume

       久留米支部ツイッターhttps://twitter.com/suzukivk